Skip to main content
VRM Add-on for Blender

人型のVRMモデルを作る

シンプルな人型のVRMモデルを作ります。

Blenderを起動したら、3Dビューポートにマウスカーソルを置き、 n キーを押してください。

すると右側からサイドバーが開くので VRM のタブを選択し VRMモデルを作成 ボタンを押してください。

するとVRM出力に適したアーマチュアが自動で作られます。アーマチュアとは3Dモデルのボーンの構造を 表すデータで、このアドオンではVRMの人型の骨格を表すためにアーマチュアを使います。

デフォルトで置いてある立方体を胴体にします。ただこのままでは胴体とするには大きすぎるので、まずは右上の シーンコレクション から Cube を選択、次にサイドバーのアイテム から 寸法 を選び、値を全て 0.4 m にします。これで胴体として使えそうな大きさになります。

胴体をアーマチュアのボーンに関連付けます。右下の四角いアイコンのタブを選び、 関係 から ペアレントアーマチュア または Armature にし、 親タイプボーン とし、親ボーンspine に設定してください。胴体が3Dモデルの腰あたりに移動します。

次は頭を作ります。3Dビューポートで Shift + A を押すと追加メニューが出るので メッシュUV球 と選んでください。

あるいは Sphere が追加されます。

これを頭として使いたいのですが、大きすぎるので縮小します。右上の シーンコレクション から あるいは Sphere を選択、次にサイドバーの アイテム から 寸法 を選び、値を全て 0.5 m にします。

この球をアーマチュアのボーンに関連付けます。右下の四角いアイコンのタブを選び、 関係 から ペアレントアーマチュア または Armature にし、 親タイプボーン とし、 親ボーンhead に設定してください。球が3Dモデルの頭あたりに移動します。

次は手足を追加します。3Dビューポートで Shift + A を押すと追加メニューが出るので メッシュICO球と選んでください。

ICO球 あるいは Icosphere が追加されますが、同時に3Dビューポート左下に > ICO球を追加 という表示が出ます。こちらをクリックします。

すると、新しく追加するICO球の設定をすることができます。半径が大きすぎると感じたので、半径の値を 0.1 m に変更します。

ICO球を手足のアーマチュアのボーンに関連付けます。右下の四角いアイコンのタブを選び、 関係 から ペアレントアーマチュア または Armature にし、親タイプボーン とし、親ボーンupper_arm.L に設定してください。球が3Dモデルの左ひじあたりに移動します。

先ほどと同様にICO球を追加し、次は hand.L ボーンに関連付けます。左手あたりにICO球が配置されます。

同様に、今度は upper_arm.R ボーンに関連付けます。

同様に hand.R ボーンに関連付けます。

同様に upper_leg.L ボーンに関連付けます。

同様に lower_leg.L ボーンに関連付けます。

同様に upper_leg.R ボーンに関連付けます。

最後に lower_leg.R ボーンに関連付けます。

このモデルをVRMとして保存します。メニューの ファイルエクスポートVRM を選択します。

ファイル保存用のウィンドウが出るので、ファイル名と保存先を入力し Export VRM を押します。

成功するとVRMファイルが指定された場所に保存されます。

こちらのページで動作確認ができます。

関連リンク #